since 2010/7/4

債務整理・借金問題無料相談室


消滅時効Q&A4

                                                                                                             

 藤田司法書士事務所が管理・運営しています。

高知県幡多郡四万十市の司法書士事務所です。

債務整理・借金・多重債務・自己破産・過払い請求問題

の解決に向けて  無料相談受付中

        
                                           

 相談の流れ
 相談の流れ
 相談の方針
 相談事例
 相談事例 4
 消滅時効
 消滅時効の期間計算
 消滅時効Q&A
 消滅時効解説
 相続後の過払い請求
 債務整理Q&A
 Q&A 4
 Q&A 5
 Q&A 6
 Q&A 7
 Q&A 8
 Q&A 9
 Q&A 10
 Q&A 11
 Q&A 12

 Q&A 13

 Q&A 14
 Q&A 15
 Q&A 16
 Q&A 17
 Q&A 18

 Q&A 19

 Q&A 20
 Q&A 21
 Q&A 22
 Q&A 23
 Q&A 24
 Q&A 25
 Q&A 26

 Q&A 27

 Q&A 28
 Q&A 29
   自己破産Q&A
 自己破産Q&A 1
 自己破産Q&A 2
 自己破産Q&A 3
 自己破産Q&A 4
 自己破産Q&A 5
 自己破産Q&A 6
 自己破産Q&A 7
 自己破産Q&A 8
 自己破産Q&A 9
 消滅時効Q&A 1
 消滅時効Q&A 2
 消滅時効Q&A 3
 消滅時効Q&A 4
 消滅時効Q&A 5
 消滅時効Q&A 6
 消滅時効Q&A 7
 消滅時効Q&A 8
 消滅時効Q&A 9
 債務整理
 任意整理
 任意整理の流れ
 過払い金返還請求
 過払い金返還の流れ
 自己破産
 個人再生手続
 貸金業法
 総量規制
 指定信用情報機関

 メルマガ

 司法書士紹介
 問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤田司法書士事務所の紹介
 債務整理については、高知県(幡多郡)四万十市中村所在の
藤田司法書士事務所にご相談ください。
高知県西部、幡多郡(四万十市・宿毛市・土佐清水市・黒潮町他)幅広く対応します。
債務整理(過払い金返還請求・ 任意整理・自己破産・個人再生)についてその意義、特徴、メリット、デメリットについてわかりやすく解説します。

事務所所在地
高知県四万十市中村東町2-8-7


                              

                            消滅時効Q&A4

  消滅時効Q&A>消滅時効Q&A4

      
   

       消滅時効完成後に請求・訴訟提起された場合

     

       消滅時効とは

   
          消滅時効とは一定期間、権利が行使されないと権利が消滅する民法で
          定められている制度です

       令和2年4月1日施行された改正民法により、消滅時効の規定も新しく
       変更されています。

       消滅時効の改正について詳しくは「消滅時効/民法改正後の消滅時効
       をご覧ください。


                                             消滅時効Q&A
    
       
消滅時効に対してよくある質問をQ&A形式でわかりやすく解説します。

Q4  

  私は、借り入れ又は返済の遅い時期から5年以上経過しているのですが、
(貸金を返せと言う)裁判を起こされました。どうしたらよいでしょうか?

    

 裁判手続上で消滅時効が完成している旨を主張(消滅時効の援用)したら、(消滅時効が更新されていない限り)消滅時効により、法律上の債務の支払い義務はなくなります。 (更新=旧法での中断)

 消滅時効完成後(消滅時効の完成については、Q&A をご覧下さい。)に相手方(債権者)から 貸金の請求があったり、訴訟を提起されたりした場合「消滅時効を援用する」と相手に通知することにより、 (完成猶予、更新(旧法での停止、中断)事由等の障害がない限り)法律上の債務の支払い義務はなくなります。

 具体的には、(訴訟手続によらない)請求があった場合は、相手方債権者に「消滅時効の援用」を口頭若しくは書面で通知すればよいのですが、 後々、証拠が残るように(言った言わないの争いにならないように)通常は内容証明郵便等により通知します。

 訴訟提起された場合は訴訟で(具体的には訴状に対して提出する「答弁書」で)「消滅時効を援用する」旨を主張すればよいのです。

訴訟で主張すれば、強い証拠力となります。

「時効の完成猶予」とはある事由(事由とは物事の理由・原因、又はその事実)が発生した場合に、一定期間時効が完成せず、猶予されることです(旧法では「時効の停止」といいました)

「時効の更新」(旧法では「時効の中断」)とは、時効期間が進行中に、ある状態が生じた場合に時効期間がリセットされ、再びゼロからスタートすることになることです。(例: 消滅時効期間が5年の場合、もう3年経過していて、あと2年で消滅時効が完成するようなときに、更新があると3年が0になり、再び0時点から5年経過しないと消滅時効が完成しません)

「時効の完成猶予」の具体例は、訴訟を提起されたり、強制執行(差押)されたりすること等になります。
そしてそれらの事由が当初の目的を達成して終了した時(取下や取消等で中途で手続きが終了せず、手続きが最後まで行われた)から、再び時効期間が開始されます(時効の更新)

具体例:訴訟手続きにおいて判決が出されその後(判決が)確定(訴訟の終了)、または確定判決と同一の効力を有するもの(例:和解、調停)により権利が確定した場合、そのときから新たに時効期間が開始されます(時効の更新)

もし、消滅時効が完成していると思われていたところ、債権者から請求や訴訟手続を提起された場合は、当事務所にご相談ください。

 
  

 


     
もし、5年以上借入も返済もしていない場合で、貸金業者から、
          請求されたり、訴訟を提起されたりした場合は、お気軽に当事
          務所にご
相談ください。

         

         時効の援用とは

       時効の援用とは、時効によって利益を受ける者が(援用権者)が時効の成立を主張
          すること。
      時効による権利の取得・消滅は期間の経過により自動的に発生するものではなく、
          援用があってはじめて確定的に取得の権利が生じたり、権利が消滅する。



消滅時効とは
 
消滅時効について詳しくは消滅時効をご覧ください。

消滅時効改正
令和2年4月1日施行された改正民法により、消滅時効の規定も新しく変更されています。

消滅時効の改正について詳しくは「消滅時効/ 民法改正後の消滅時効をご覧ください。 



    消滅時効詳細

     消滅時効について、更に詳しく知りたい方は、「消滅時効 詳細」を
       ご覧下さい

   会話形式でわかりやすく解説しています。

                                 

               

                     

このサイトは、藤田司法書士事務所が管理・運営しています。

事務所案内  著作権・免責  リンク集  個人情報保護方針   サイトマップ

藤田司法書士事務所 

Copyright 2009藤田司法書士事務所 All Rights Reserved