since 2010/7/4

債務整理・借金問題無料相談室


消滅時効解説

                                                                                                             

 藤田司法書士事務所が管理・運営しています。

債務整理・借金・多重債務・自己破産・過払い請求問題

の解決に向けて  無料相談受付中

 相談の流れ
 相談の流れ
 相談の方針
 相談事例
 相談事例 4
 消滅時効
 消滅時効の期間計算
 消滅時効Q&A
 消滅時効解説
 相続後の過払い請求
 債務整理Q&A
 Q&A 4
 Q&A 5
 Q&A 6
 Q&A 7
 Q&A 8
 Q&A 9
 Q&A 10
 Q&A 11
 Q&A 12

 Q&A 13

 Q&A 14
 Q&A 15
 Q&A 16
 Q&A 17
 Q&A 18

 Q&A 19

 Q&A 20
 Q&A 21
 Q&A 22
 Q&A 23
 Q&A 24
 Q&A 25
 Q&A 26

 Q&A 27

 Q&A 28
 Q&A 29
   自己破産Q&A
 自己破産Q&A 1
 自己破産Q&A 2
 自己破産Q&A 3
 自己破産Q&A 4
 自己破産Q&A 5
 自己破産Q&A 6
 自己破産Q&A 7
 自己破産Q&A 8
 自己破産Q&A 9
 消滅時効Q&A 1
 消滅時効Q&A 2
 消滅時効Q&A 3
 消滅時効Q&A 4
 消滅時効Q&A 5
 消滅時効Q&A 6
 消滅時効Q&A 7
 消滅時効Q&A 8
 消滅時効Q&A 9
 債務整理
 任意整理
 任意整理の流れ
 過払い金返還請求
 過払い金返還の流れ
 自己破産
 個人再生手続
 貸金業法
 総量規制
 指定信用情報機関

 メルマガ

 司法書士紹介
 問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤田司法書士事務所の紹介
 債務整理については、高知県(幡多郡)四万十市中村所在の
藤田司法書士事務所にご相談ください。
高知県西部、幡多郡(四万十市・宿毛市・土佐清水市・黒潮町他)幅広く対応します。
債務整理(過払い金返還請求・ 任意整理・自己破産・個人再生)についてその意義、特徴、メリット、デメリットについてわかりやすく解説します。

事務所所在地
高知県四万十市中村東町2-8-7


        
                                           

                          消滅時効解説

     

      消滅時効とは

   
   
消滅時効とは一定期間、権利が行使されないと権利が消滅する民法で定められ
   ている制度です

    

   消滅時効解説



   消滅時効について、その原理や運用について事例を通してわかりやすく解説します。
   

   消滅時効相談事例

 
 

     ある日、Aさんに裁判所から訴状が届きました
    AさんにBカード会社から「借りた金額を払え」という訴訟が提起されたのでした。
    ところで、Aさんに請求された請求の取引状況をよくみると、最後の取引から7年たって
    いました。
    「そんなに前の取引なんで、正直忘れてました。やっぱ、払わなきゃいけないんですよね
    しかし昔なんで利息もけっこうついて苦しい。まーいままでほっといた自分がわるいんで
    すけど」
    「いやいやAさん、はらわなくていいんですよ。」
    「えーそうなんですか?なぜですか?訴訟提起されてるのに払わなくていいんですか?」
    「実はAさんの債務は、既に時効で消滅しているんですよ」
    「な、なんですか、その時効って?」

    消滅時効とは 貸金業者の債権は5年で時効消滅する
    消滅時効とは一定期間、権利が行使されないと権利が消滅する民法で定められている
    制度です

    「だから、Bカード会社が持っているAさんに対する債権(Aさんに貸し付けているお金を
    返せという権利)も時効で消滅するんですよ。」
    「それは何年で消滅するんですか?」
    「一般的には、債権は10年で消滅になるんだけど、Bカード会社は会社(法人)なんで
    Bカード社が有する債権は商事債権となります。(商法503条2項)
    商事債権は、商法522条により5年で消滅するとされているから、Aさんの債務は
    既に消えてるんですよ」

    「えー、しかし、それじゃー、何で権利が消滅していて無効なはずなのに、なぜ、訴訟が
    できるんですか?訴訟を提出した時に、5年以上経過していることは裁判所はわかって
    ますよね。」

    時効の援用の意義
    「それは、
消滅時効というのは自動的に消滅するのではなく、権利を主張して初めて消滅
    する
」という考えで民法が定めている
(民法145条 時効は、当事者が援用しなければ、
    裁判所がこれによって裁判をすることができない。)
ので、消滅時効の権利を主張しないと
    、消滅したと裁判所は認めないわけですよ」
    時効の権利を主張することを「時効の援用」といいます。
    「それだと、僕らみたいに法律のことを詳しく知らない人は、背負わないでもいい借金をせ
    おったことになるんですか?」
    「たしかに、Aさんのいうとおり、法律には非情にも思われるような厳しいところはある。
    法律の諺で、「権利の上に眠る者は保護されない」というのがある。また、権利が消滅する
    ということは権利者にとって大変な苦痛を伴うものであるし、また、「借金はかえさなくていい
    っていわれたって、わしは借りたものは返すってのが信条なんだい!」
    という方の考えも尊重するってのが趣旨なんでしょうか」

   判決で確定すると消滅時効期間は10年となる
   「もし、消滅時効の主張をせず、判決で借金が認められるとどうなるんですか?」
   「時効で消滅していたはずの債権が法律上認められて確定してしまう。だから、債権者が、
   消滅時効の期間が経過している債権も訴訟提起して法律上認められた債権にして判決も
   でているので支払わなければ強制執行が可能になる、しかも判決で確定してしまうと本来
   商事債権で5年で消滅するはずなのが10年の消滅時効になる。」
   民法174条の2第1項
   確定判決によって確定した権利については、10年より短い時効期間の定めがあるもの
   であっても、その時効期間は10年とする。裁判上の和解、調停その他確定判決と同一の
   効力を有するものによって確定した権利についても同様とする。

   「判決が出ると、時効期間が2倍になるんですか?」
   「商事債権についてはそのとおりの結果になってしまうね」
   「強制執行ってどうなるんですか?」
   「話が脱線するけど、簡単に話すと、Aさんの場合、借家住まいで資産
   もないけど、働いて給料もらってるから給料が差押えられる可能性はあ
   りますね。」
   「給料なんて差押可能なんですか?」
   「その人の生活とかあるから3/4までは差押できないとか制約はあるけどね」

   民事訴訟法152条1頁
   次に掲げる債権(給料、賃金等)については、その支払期に受けるべき給付の3/4
   に相当する部分(その額が標準的な世帯の必要生計費を勘案して政令で定める額
   を超えるときは、政令で定める額に相当する部分)は、差し押さえてはならない。


   時効の中断
   「時効の援用したら、必ず認められるんですか?」
   「時効の中断というのがあって、中断されていたら時効は消滅してないから、認められない
   場合がある。
   例えば、平成15年の1月15日が弁済期でその日に支払せずに5年経過してたら消滅時効
   が完成するんだけど、平成19年にAさんが「債務の承認」をしたり、訴訟提起されたりしてい
   れば「時効の中断」となり債務承認の日から5年、判決が確定した場合は10年経たないと
   時効が完成しないということになる」
   「債務の承認ってのは具体的にいうとどなことですか?」
   「「私Aは、Bカード社に○万円の債務を負っています」という書面にサインするとか
   (更改や継続)契約書にサインしたり、支払をすることも「債務の承認」となり、時効の中断
   となります。」

   「じゃー先生、中断がなかった場合に時効の援用をすればこの訴訟はどうなるんですか?」
   「請求権が消滅しているから請求自体が存在しなくなり、原告(Bカード社)の請求は理由が
   なく「請求棄却」ということになるでしょうね」

  
   消滅時効援用通知
   「先生、実はまだ教えて欲しいことが・・実は、あと2,3社借りていたんですがそれも7年以上
   経過してるんですが訴訟は提起されてませんが、ときどき督促はくるんですよ。
   なんとかなりませんかね。」
   「時効が完成しているのなら、「消滅時効援用通知」を送ればよい」
   「援用通知を相手方が認めればいいんですか?」
   「時効の援用は、一方的に相手方に主張をすれば、時効が完成するので、送って相手方に
   到達すればその時点で権利が消滅するということになりますね。」
   「じゃー電話でもいいんですか?」
   「理論的には可能だけど、相手方が後から「そんなこと聞いてない」「いったでしょう」ということ
   にならないように記録が残る「内容証明郵便」で送るのが一般的だね」


         時効の援用とは
      時効の援用とは、時効によって利益を受ける者が(援用権者)が時効の成立を主張すること。
      時効による権利の取得・消滅は期間の経過により自動的に発生するものではなく、援用があっ
      てはじめて確定的に取得の権利が生じたり、権利が消滅する。

  

    消滅時効Q&A

   消滅時効について「自分の場合はこうなんだけど、どうなるの?」
   「こういう場合はどうなの?」という疑問についてお答えします。

    消滅時効に関してよくある質問を列挙しています。「消滅時効Q&A ]をご覧下さい。

     

                                 

               

                     

このサイトは、藤田司法書士事務所が管理・運営しています。

事務所案内  著作権・免責  リンク集  個人情報保護方針   サイトマップ

藤田司法書士事務所 

Copyright 2009藤田司法書士事務所 All Rights Reserved