since 2010/7/4

債務整理・借金問題無料相談室

債務整理Q&A A26 
 

                                                                                                             

 藤田司法書士事務所が管理・運営しています。

債務整理・借金・多重債務・自己破産・過払い請求問題

の解決に向けて  無料相談受付中

 相談の流れ
 相談の方針
 相談事例
 相談事例 4
 消滅時効
 消滅時効の期間計算
 消滅時効Q&A
 消滅時効解説
 相続後の過払い請求
 債務整理Q&A
 Q&A 4
 Q&A 5
 Q&A 6
 Q&A 7
 Q&A 8
 Q&A 9
 Q&A 10
 Q&A 11
 Q&A 12

 Q&A 13

 Q&A 14
 Q&A 15
 Q&A 16
 Q&A 17
 Q&A 18

 Q&A 19

 Q&A 20
 Q&A 21
 Q&A 22
 Q&A 23
 Q&A 24
 Q&A 25
 Q&A 26

 Q&A 27

 Q&A 28
 Q&A 29
   自己破産Q&A
 自己破産Q&A 1
 自己破産Q&A 2
 自己破産Q&A 3
 自己破産Q&A 4
 自己破産Q&A 5
 自己破産Q&A 6
 自己破産Q&A 7
 自己破産Q&A 8
 自己破産Q&A 9
 消滅時効Q&A 1
 消滅時効Q&A 2
 消滅時効Q&A 3
 消滅時効Q&A 4
 消滅時効Q&A 5
 消滅時効Q&A 6
 消滅時効Q&A 7
 消滅時効Q&A 8
 消滅時効Q&A 9
 債務整理
 任意整理
 任意整理の流れ
 過払い金返還請求
 過払い金返還の流れ
 自己破産
 個人再生手続
 貸金業法
 総量規制
 指定信用情報機関

 メルマガ

 司法書士紹介
 問い合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤田司法書士事務所の紹介
 債務整理については、高知県(幡多郡)四万十市中村所在の
藤田司法書士事務所にご相談ください。
高知県西部、幡多郡(四万十市・宿毛市・土佐清水市・黒潮町 他)幅広く対応します。

債務整理(過払い金返還請求・ 任意整理・自己破産・個人再生)についてその意義、特徴、メリット、デメリットについてわかりやすく解説します。

事務所所在地
高知県四万十市中村東町2-8-7



        債務整理・借金問題の司法書士が解決に向かって力になります。
   このサイトでは、当事務所での債務整理業務の実例の御紹介や債務整理
  業  務で良く聞かれる質問・疑問に対する事例をQ&A形式にしてわかり
  やすく解説して御紹介しています。
  
                 

           

債務整理Q&A A26

債務名義なしにいきなり給与や口座の差押はできるのか

     


       

  

  

  Q26  突然、給与や銀行口座に差押がされました。
       通常は、裁判上の手続きが必要なはずだから、事前に何らかの
       通知が裁判所から繰るのではないですか?


  A26


   通常、債権者が債務者に強制執行(給与や銀行口座に対する差押、動産に対する動産執行、
   自動車に対する自動車執行、不動産に対する競売申立等)する場合は、まず、債務名義を
   取得してその債務名義に基づいて強制執行申立の手続きをとらなければなりません。
   債務名義:私法上の給付請求権が存在する事を証明する公文書のことです。
        この文書があることによって、はじめて強制執行の申立ができます。
        確定した判決正本、執行認諾文言付公正証書、仮執行宣言付支払督促
        等がこの債務名義にあたります。
   ですから、まず、最初に裁判所から訴訟提起の呼出状が来ます。
   そして、訴訟の結果、判決や和解調書が裁判所から言い渡されます。
   その場合2週間以内に異義を出さないと確定します。
   確定した判決等は債務名義となります。
   その後、債権者がその債務名義を添付して裁判所に強制執行の申立をします。
   それにより、差押がされることになります。
   その場合、債務者に対する流れとしては、まず、債権者から支払の督促通知があります。
   そして、支払に応じない、もしくは回答しないとした場合に訴訟提起がされます。
   その後、債権者から支払督促通知があり、それにも応じないと債権者の判断により強制執行
   がされます。
   なので、何の事前予告通知もなく、突然、訴訟提起されたり、差磯さえされるということは
   通常、考えにくいのですが、債務者が住居を変更して債権者に連絡してなければ、旧住居に
   督促通知や裁判所からの通知がいき、欠席裁判で判決がとられたり、差押がされることは
   あります。
   その場合は、全く事前に何の連絡も無く、突然、差押がされたという状況になる場合が
   あります。
   しかし、原則、一般の債権者から、法的な前提手続きをせずに差押されることはありません。
 
   しかし、国税や地方税については上記のケースとは違ってきます。
   国税や地方税等の徴収に対しては「国税徴収法」で規定があります。
   国税徴収法47条1項1号により債務名義を取得せずに差押をすることが認められます。
 
   国税徴収法47条1項 

   第47条 
   次の各号の一に該当するときは、徴収職員は、滞納者の国税につきその財産を差し押えなけ
   ればならない。
   1.滞納者が督促を受け、その督促に係る国税をその督促状を発した日から起算して10日を経
   過した日までに完納しないとき。
   2.納税者が国税通則法第37条第1項各号(督促)に掲げる国税をその納期限(繰上請求がさ
   れた国税については、当該請求に係る期限)までに完納しないとき。


   よって、所得税や市民税(住民税)等の支払を滞納していた場合に突然差押されることは
   あります(債務名義取得手続きなしで、即執行される)
   その場合でも通常は、執行前に債権者である国や地方自治体から支払督促通知が書面や
   電話できます。
   なので、その連絡すらなしに、突然差押がされるということはほとんどありません。

   また、国や地方自治体の債権に付いては上記の規定があるので、債務名義取得の前提手続きなく
   差押をすることは可能です。


 
 
借金・多重債務問題でお困りの方、自己破産をお考えの方、過払金を取り
  戻したい方、お気軽にご相談ください。
  借金・多重債務問題解決相談室です。
    何度でもご相談無料です。

  借金解決 明るい生活を目標に
  みんなが幸せになることを祈って
  藤田司法書士事務所が管理運営しています
  

   


   借金問題で悩んでいる方、返済ができず自己破産をしようかと困ってる方、
  お気軽にご相談ください。
  債務整理・借金相談の相談所です。
  借金・多重債務でお困りの方、債務整理(任意整理、自己破産手続等)で解決
  できます。
  また、長年借金の取引をされているかたは、過払い金といって払いすぎた
  利息が返ってくることがあります。(詳しくは過払い金をご覧ください)
  債務整理・過払い金返還請求についての相談所です。




           
  


  

  

  

  

  

  

  

  。

                          

                                    

このサイトは、藤田司法書士事務所が管理・運営しています。

事務所案内  著作権・免責  リンク集  個人情報保護方針   サイトマップ

藤田司法書士事務所 

Copyright 2009藤田司法書士事務所 All Rights Reserved